mother moon BLOG

長野県松本市にあるMEN'S&LADIES' SELECT SHOP mother moonのBLOGです

  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一人でも多くの人へ

一人でも多くの人へ、今世界の片隅で何が起こっているのか知ってもらいたいと思いました。
決して何かを押し付けたいわけではありません。
ただ知って欲しい。
それだけです。

以下私が読んだものよりの転載です。



『アフリカの国スーダン、ダルフール地方。

2002年ころから、
この場所に住む人々に対し、
略奪、暴行、レイプ、そして、虐殺が行われてきた。

200万人以上が、住む場所を追われ、
20万とも40万ともいわれる人々が殺され、
そして、それは今も続いている。


ジャンジャウィードという遊牧民が、
主に攻撃の中心だが、
そのジャンジャウィードに武器を渡し、
また、村々を、戦闘ヘリなどで空爆するなど、
明に暗に、
この虐殺をサポートしているのが
スーダンの政権だと、
国連やNPOは訴えている。


それに対し、首都ハルツームの
アル・バジル大統領率いるスーダン政府は、
「そんな情報はウソだ。
 ダルフールで起きているのは、
 地元住民同士の小競り合いで、
 スーダン政府は、住民の保護に努めている。

 虐殺を裏で糸を引いているなんてありえない。

 そもそも何万人、何十万人も
 死んでいる虐殺自体起きていない。」

そう主張を繰り返している。


ただし、このダルフール地方へは、
ジャーナリスト、援助団体のメンバーどころか、
国連の職員さえ
スーダン政権により
その立ち入りは厳しく規制され、
赤十字や国境なき医師団のメンバーが、
その活動の写真を撮っただけで、
「スパイ容疑」で逮捕され、
国外追放されている。


今、ダルフールは、
世界から隠されてしまった。



そんななか、今日、6月6日、
人権保護NPO、アムネスティ・インターナショナルUSAが、
一つのWEBサイトを立ち上げる。


「Eyes on Darfur(ダルフールを見つめる目)」
http://www.eyesondarfur.org/

そう名付けられたサイトでは、
カルフォルニア大学バークレー校の協力のもと、
ダルフール地方の危機的状況にある
村々の高解像度の衛星画像を、
定期的に掲載する。


つまり、人びとの目から隠されている
この地球上の最悪の犯罪現場を、
宇宙から
世界中の目で監視しようというわけだ。


アムネスティ・インターナショナルUSAのディレクター
アリエラ・ブラッター(Ariela Blatter)は、
こう語っている。

「わたしたちは、これらの村々が、
 今日、無事であること、
 明日も、そして、これからもずっと、
 無事であることを期待しています。」


日本時間6月6日17時30分開始予定となっている。


今日から、人の造った星が、
空からダルフールの人びとの命を見守る。』



さて、私には何が出来るだろう?
  1. 2007/06/11(月) 19:56:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<mother moon SUMMER SALE '07 | ホーム | パーティー無事終了>>

コメント

mikamikanmikangaroo

この前はどうもね。

目の前にあることをしながらでも何かをしてあげる事はできるかもね。
大げさなことはしなくても簡単にしてあげられることが。

俺も今自分の事で精一杯で中々大きなことはできないかも。
でも限られた中でできることがあるんじゃないかってね。
とりあえず自分のBLOGに書いて、それを読んでいる人達にだけでも今起こっている悲惨な現実を知ってもらうことが第一歩だった。
  1. 2007/06/12(火) 19:48:26 |
  2. URL |
  3. T-RED #-
  4. [ 編集 ]

世界のいろいろな所で。。。

世界にはこの他に、チョコレートの原料のカカオ農場では実際に高くてチョコレートを食べられない人間が、低賃金(詳しくは忘れたが、確か月に100円ほど)で働いていたり。最近では良く目にする、レバノン軍とイスラム系の武装組織のパレスチナ難民キャンプの爆撃だとか、戦闘が絶えなくて、心が痛い。。。国連の事務総長はもっと規模の大きいことを言っていた。その人が、毎朝新聞で悲しい事件を知ったら何をするのかって。本当に全力で助けようとしているのか?って。でもその人はそうすると約束してた。そして、この間新聞で見た記事に、民間人ながらも楽しみつつネパールで支援している人がいた。かいつまむと、一週間程の休暇を利用して、ネパールの孤児院に行くらしい。日本から持ち込んだ文具や衣類を配ったり。でもそれとは反対に、ものというのは争い異になるからと言って、今は現金で援助すると言って、これはアフリカで始まっているらしい。。。全て、新聞やらニューズウィークから得た情報だけど、ネパールへ行く職員の人みたいに、出来ることはあるんだけど、それをやろうと思って出来るかどうかと、それをやるのかどうかの気持ち次第でどっちにも別れると思う。でもなんか、たくさん矛盾していることがあって、自分に対して、心が痛む。今就職活動を第一に考えていても、誰かの人のことを考えれば、そんなことはどうでも良い。けれど、就職活動をしながら、いつも、心の隅に引っかかることがある。知らない人のことであるけれど、なんか、気まずい。。。
  1. 2007/06/12(火) 17:40:16 |
  2. URL |
  3. mikamikanmikangaroo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bnch0.blog97.fc2.com/tb.php/6-ce8dff1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mother moon

Author:mother moon
長野県松本市中央1-5-20今井ビル1F
定休日:水曜日
TEL/FAX:0263-36-5460
MAIL:info@mother-moon.net

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。